SPSO OSAKA - 大阪堀江のパーソナルスタイリング事務所
汚れたCONVERSE(コンバース)の手入れの仕方

汚れたCONVERSE(コンバース)の手入れの仕方

お手入れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CONVERSE(コンバース)のスニーカーをお持ちの方、どのようにお手入れされていますか?

xzcx8529

CONVERSE(コンバース)って、多彩なカラーや素材のバリエーション、そしてデザインモデルも沢山ありますよね。
新しいものが出ると、どれも素敵で欲しくなってしまう…そんなコンバース。そんなお気に入りのスニーカー、大切にお手入れされたら綺麗に長持ちすることが出来るんですよ。

☑白スニーカーが好きなのですが、汚れが目立つのが難点。汚れた時にどのようにすれば綺麗になるんですか?
☑レザーのスニーカーって洗えるんですか?
☑スニーカーのつま先が汚れやすくて気になります。
☑スニーカーを洗うときって靴ひもはどうしたらいいのですか?
☑スニーカーは水洗いとお湯洗いどちらがいいのですか?

スニーカーのお手入れ方法、気になること色々ありますよね。素材や色によってどのようにお手入れしたらよいのか、ご紹介していきましょう。

CONVERSE(コンバース)キャンバス素材のスニーカーのお手入れ

{"total_effects_actions":0,"total_draw_time":0,"layers_used":0,"effects_tried":0,"total_draw_actions":0,"total_editor_actions":{"border":0,"frame":0,"mask":0,"lensflare":0,"clipart":0,"text":0,"square_fit":0,"shape_mask":0,"callout":0},"effects_applied":0,"uid":"39D491AE-996B-4716-A6EC-E74C4DED15BA_1475736196294","width":2896,"photos_added":0,"total_effects_time":0,"tools_used":{"tilt_shift":0,"resize":0,"adjust":0,"curves":0,"motion":0,"perspective":0,"clone":0,"crop":0,"enhance":0,"selection":0,"free_crop":0,"flip_rotate":0,"shape_crop":0,"stretch":0},"source":"editor","origin":"gallery","height":2896,"subsource":"done_button","total_editor_time":62,"brushes_used":0}

コンバースの大人気の定番キャンバスモデル
キャンバスは水で洗えるのでお手入れが比較的簡単です。
また、コンバースの白のキャンバススニーカー、お持ちの方も沢山いらっしゃるでしょう。
白は汚れやすく、目立ちやすい。洗っても黄ばみが出たりしてしまった…など、お取り扱いにお困りの方も少なくないと思います。
基本的なお手入れはカラーの場合も白も同じなんですよ。そして、ハイカット、ローカットどちらも基本的なお手入れは同じです。

水洗いの手順を見ていきましょう!

(用意するもの)
・バケツや大きめの洗面器
・ぬるま湯(40℃以下)
・スニーカー用洗剤もしくは酵素入り洗剤(エマールなどの無蛍光洗剤)
・重曹
・靴用ブラシもしくは歯ブラシ
・綿棒

①靴紐を外しましょう。スニーカーの中の中敷きが外せるタイプのものは外して下さい。
靴紐は洗剤で手もみで洗ってください。部分的に汚れがひどい場合は歯ブラシで擦ってみてください。

②スニーカーをぬるま湯にしばらく浸けて汚れを浮かします。

③重曹と洗剤を少量の水で混ぜて磨き粉を作ります。歯磨き粉くらいのペースト状をイメージしてください。重曹は防カビの対策にもなるんです!

④ブラシに磨き粉をつけて磨いていきます。靴底のゴムの部分は汚れやすい部分ですので念入りに洗ってください。こすりすぎると傷がつきますので加減しながら試してくださいね。
細かな部分の汚れは綿棒を使って磨いて下さい。

⑤汚れが落ちたらぬるま湯で洗い流します。水ですと温度が低く汚れが落ちにくいので、必ずぬるま湯を使用ください。
何度も湯を変えながら十分にすすいで、洗剤残りのないようにしてください。
※洗剤の残りは変色の原因になります。「黄ばみ」も洗剤残りによるものなんです。

⑥よくすすげたら、スニーカーの中に丸めた新聞紙など水分をよく吸ってくれるものを詰めていきます。紙の詰め方によって乾いた後のスニーカーの形が決まるため、足が入った状態をイメージしながら紙を詰めてください。部分的に少なかったり多かったりしないようにご注意下さい。
白のコンバースの場合、新聞のインクが移る可能性もあるので、インクを使っていない白っぽい薄紙やキッチンペーパーなど水分をよく吸ってくれるものを選んでください。

⑦風通しのよい日陰を選んで干しましょう。自然乾燥させます。
直射日光、ストーブなどの暖房具、ドライヤー、乾燥機などで乾燥させると変形、縮み、変色、ソールの剥離などの原因になります。
また、洗濯で落としきれなかった汚れが急速な乾燥により部分的に集積したまま乾き、シミ状に浮き出る場合がありますので、日陰での自然乾燥をお勧めします。

⑧乾いたら、キャンバス部分に防水スプレーをかけましょう。20㎝くらい離したところからまんべんなくかけて、しばらく風通しのよい場所で乾かして下さい。
キャンバスでも撥水効果は出ますし、カビの予防にもなります。そして最後に靴紐を通して終了です。



お勧めのクリーナー[ジェイソンマーク] JASON MARKK

いかがでしたか?お気に入りのスニーカー、ひどく汚れてから洗うのではなく、こまめなお手入れをされることが、きれいに長持ちできる秘訣です!

CONVERSE(コンバース)レザー素材のスニーカーのお手入れ

{"total_effects_actions":0,"total_draw_time":0,"layers_used":0,"effects_tried":0,"total_draw_actions":0,"total_editor_actions":{"border":0,"frame":0,"mask":0,"lensflare":0,"clipart":0,"text":0,"square_fit":0,"shape_mask":0,"callout":0},"effects_applied":0,"uid":"39D491AE-996B-4716-A6EC-E74C4DED15BA_1475736317894","width":2896,"photos_added":0,"total_effects_time":0,"tools_used":{"tilt_shift":0,"resize":0,"adjust":0,"curves":0,"motion":0,"perspective":0,"clone":0,"crop":0,"enhance":0,"selection":0,"free_crop":0,"flip_rotate":0,"shape_crop":0,"stretch":0},"source":"editor","origin":"gallery","height":2896,"subsource":"done_button","total_editor_time":8,"brushes_used":0}

レザー素材のスニーカー、クールでかっこいい!が、手入れが難しい…と、思っておられる方結構いませんか?
レザーは購入されて着用される前にすぐにしなくてはいけないことがあるんです。
それを行うと、意外とお手入れは簡単なんです。
さぁ、その着用する前の大事なことは何でしょう!
お手入れの手順の最後に分かりますよ。

お手入れの手順を見ていきましょう。

(用意するもの)
・皮革用防水スプレー
・皮革用クリーナーもしくはクリーム(透明のものだとスニーカーのカラーを問わず使えますので便利です)
・やわらかい布(もう着なくなった綿のTシャツの生地など)かやわらかいブラシ(革を傷めない物)
・歯ブラシ
・靴磨き用クロスか強度のある古い布、もしくは古いストッキング
・新聞紙

①靴紐を外しましょう。
靴紐は洗剤で手もみで洗ってくださいね。部分的に汚れがひどい場合は歯ブラシで擦ってみてください。

②新聞紙を開いてその上でお手入れしましょう。やわらかい布やブラシでスニーカーの表面の泥やホコリを落とします。
皮革用クリームを塗るか、皮革用クリーナーを全体に吹きつけます。数十秒置いて、汚れを浮き上がらせてからやわらかい布などで汚れを完全にふき取りましょう。

③皮革用クリームを塗り、レザー部分に栄養補給と艶出しを行い、保湿します。皮は人間の肌のように乾燥させないことがポイントです。乾燥させると劣化が加速します。
柔らかい布を使い、まんべんなく伸ばしてください。余分なクリームは落としてください。

④さて、仕上げです。靴磨き用クロスか古布で強めに磨きます。スニーカーを履いた状態で磨くと力が入れやすいです。
ご自宅に古いストッキングがありましたら両端を持って左右に動かしながらの仕上げ拭きもOKです。

⑤最後に皮革用の防水スプレーをかけて汚れ防止します。20㎝ほど離したところから全体にまんべんなくかけて、しばらく風通しのよい場所で乾かして下さいね。
乾きましたら、靴紐を通して終了です。

レザースニーカーは購入されたらまず、防水スプレーをかけて水分、ほこり、泥などからの保護をしましょう。
それによって後のお手入れがラクになります。



汚れる前にお手入れしておくことが大事!

CONVERSE(コンバース)スエード素材のスニーカーのお手入れ

{"total_effects_actions":0,"total_draw_time":0,"layers_used":0,"effects_tried":0,"total_draw_actions":0,"total_editor_actions":{"border":0,"frame":0,"mask":0,"lensflare":0,"clipart":0,"text":0,"square_fit":0,"shape_mask":0,"callout":0},"effects_applied":0,"uid":"39D491AE-996B-4716-A6EC-E74C4DED15BA_1475736277590","width":2896,"photos_added":0,"total_effects_time":0,"tools_used":{"tilt_shift":0,"resize":0,"adjust":0,"curves":0,"motion":0,"perspective":0,"clone":0,"crop":0,"enhance":0,"selection":0,"free_crop":0,"flip_rotate":0,"shape_crop":0,"stretch":0},"source":"editor","origin":"gallery","height":2896,"subsource":"done_button","total_editor_time":8,"brushes_used":0}

コンバースの中でもスエードのスニーカーやスリッポン、周りと差の出る1足ですね。
「素材が変わるとこんなにも見た目が変わるなんて!」と思うほど、スタイリッシュな足元になります。
その反面、
☑毛並みがあるので、お手入れ難しそう。
☑普段履きするの怖いな
☑汚れたらきれいになるのかな?
と、素材ならではの取り扱いの不安もあるかと思います。
そこは、お取り扱い方法を知れば大丈夫です!デリケートな素材ですので専用のクリーナーやブラシの使用をお勧めします。

(用意するもの)
・スエード用防水スプレー
・スエードクリーナー
・激落ちくん(メラミンフォームのスポンジ)
・やわらかい布(不織布など)
・スエード専用ブラシ
・消しゴム
・歯ブラシ
・新聞紙

①靴紐を外しましょう。
靴紐は洗剤で手もみで洗ってくださいね。部分的に汚れがひどい場合は歯ブラシで擦ってみてください。

②新聞紙を開いてその上でお手入れしましょう。ブラシでスニーカーの表面の泥やホコリ、砂などを落とします。毛の流れに逆らって一回、その後毛の流れにそって整えるようにブラッシングしてください。
その後、スエードクリーナーを全体に吹きかけて汚れを浮かします。
あらかじめ水を含ませて、よく絞った布で全体をふき取ります。

スエードクリーナーがご自宅にない方、激落ちくんでのお手入れも出来ますよ。台所のお掃除に使用されることが多いのですが、靴の汚れ落としでも利用されることが多いそうです。※しっかりとしたスウェード素材の場合は過度でない限り力を加えても大丈夫ですが、もし非常に柔らかいスウェード素材の場合は力を入れ過ぎずゆっくりとこすってみてください。
激落ちくんに水など一切含ませず、そのままで汚れのある部分をそっと擦ってください。表面の黒ずみがきれいになり、色が元の色に近づきます。(汚れの状態にもよります)

③まだ汚れが残っている。という場合には消しゴムで傷がつかないように慎重に擦ってみてください。

④ブラシで毛並みを整えます。全体に、そして左右同じ毛並みになるようにブラシで整えてください。

⑤最後にスエード用の防水スプレーをかけて汚れ防止します。20㎝ほど離したところから全体にまんべんなくかけて、しばらく風通しのよい場所で乾かして下さいね。
乾きましたら、靴紐を通して終了です。

スエードスニーカーも購入されたらまず、防水スプレーをかけて雨、ほこり、砂などからの保護をしましょう。デリケートな素材ですので初めのケアが特に大切ですね。
お手入れをされるお時間もお気に入りのものを手にされる貴重な時間となり、よりコンバース愛が深くなるのではないでしょうか。

その他のお手入れ

{"total_effects_actions":0,"total_draw_time":0,"layers_used":0,"effects_tried":0,"total_draw_actions":0,"total_editor_actions":{"border":0,"frame":0,"mask":0,"lensflare":0,"clipart":0,"text":0,"square_fit":0,"shape_mask":0,"callout":0},"effects_applied":0,"uid":"39D491AE-996B-4716-A6EC-E74C4DED15BA_1475923616915","width":2896,"photos_added":0,"total_effects_time":0,"tools_used":{"tilt_shift":0,"resize":0,"adjust":0,"curves":0,"motion":0,"perspective":0,"clone":0,"crop":0,"enhance":0,"selection":0,"free_crop":0,"flip_rotate":0,"shape_crop":0,"stretch":0},"source":"editor","origin":"gallery","height":2896,"subsource":"done_button","total_editor_time":11,"brushes_used":0}

・漂白剤について
汚れが気になるコンバースのキャンバス白スニーカーを漂白剤を使って元の色に近づけることはできます。しかし、気を付けて頂きたいのが種類です。
酸素系の漂白剤はOKですが、塩素系は使用しないで下さい。もし布の部分に他の色が少しでも入っているモデルでしたら必ず酸素系をご使用ください。
※塩素系漂白剤は非常に漂白力は強いのですが性質がアルカリ性のため、「洗って綺麗になった!」と思っても、すすぎきれなかったアルカリ性の洗剤の成分と紫外線が反応し靴に黄ばみが出る可能性があります。
①重曹(大さじ2)・酸素系漂白剤(キャップ1杯)・歯みがき粉(5センチくらい)を合わせてペーストを作ります。酸素系漂白剤はキッチンハイター・ワイドハイター等で大丈夫です。

②作ったベーストをブラシにつけて靴の汚れを落とします。

③汚れが落ちたらぬるま湯で洗い流します。水ですと温度が低く汚れが落ちにくいので、必ずぬるま湯を使用ください。
何度も湯を変えながら十分にすすいで、洗剤残りのないようにしてください。
※洗剤の残りは変色の原因になります。

④よくすすげたら、スニーカーの中に丸めたキッチンペーパーなど水分をよく吸ってくれるものを詰めていきます。紙の詰め方によって乾いた後のスニーカーの形が決まるため、足が入った状態をイメージしながら紙を詰めてください。部分的に少なかったり多かったりしないようにご注意下さい。

金属部分がない靴でまだ汚れが気になる場合は、洗った後にひと晩つけて洗います。

①靴がつかる位のお湯を用意し、その中に重曹・酸素系漂白剤・歯みがき粉を同じ分量を溶かします。その中に靴を入れてひと晩置きます。
すすぎは上記と同じ手順でしっかりと洗剤の残らないようにしてください!

※尚、ベージュ系のコンバースには漂白剤は使えません。白だけです。
ベージュのスニーカーで汚れが取れない場合は歯磨き粉をブラシや歯ブラシにつけて汚れ部分を優しく擦ってください。(歯磨き粉の中には研磨剤が入っていますのであまり強く擦ると生地が毛羽立つため注意ください)

・スニーカーのゴム部分のお手入れについて
スニーカーのゴム部分の汚れは消しゴムで落ちる場合があります。洗剤などで擦る前にまずは消しゴムで試してみてくださいね。
また、もし黄ばみが出た場合には100円ショップで売っている「キッチン回りのステンレス磨きスポンジ」がとても有効です。汚れ部分に消しゴムで擦るのと同じように試してください。

・トゥ(つま先)部分のお手入れについて
汚れやすいつま先部分。この部分だけ汚れてしまった場合など、さっと汚れを落としたいですよね。簡単にきれいになる方法があります。
激落ちくんを水で少し湿らせて汚れ部分を擦ります。汚れが取れにくい場合は中性液体洗剤を少しだけつけて擦ると効果的です。あとはやわらかい布やタオルなどでふき取ります。その日の汚れはその日のうちに取るといつもきれいで気持ちいいですね!

CONVERSE(コンバース)それぞれの素材ごとにお手入れ方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

先にも書きましたが、「汚れる前に汚れない対策」ということで防水スプレーを振っておくのは今すぐにできるお手入れですね。
汚れてもひどい汚れが防げていればお手入れも軽くてすみます。

靴は1日履いたら最低1日お休みさせるのが理想的で、靴の寿命はかなり伸びます!

ご自身のお気に入りのスニーカー、大切にお手入れされて、足元からのオシャレを楽しんでください。

他にも靴に関連した楽しく知れて役に立つ色々な記事を書いております!

時間のある時にでも合わせて読んで頂ければ、大好きなCONVERSE(コンバース)や、他のスニーカーもより楽しくこれから履いて貰えるのではないか!と思います。

『CONVERSE(コンバース)の歴史と種類について』
http://spsoosaka.com/post-1070/
周りのCONVERSE(コンバース)好きな方にでもこの記事を教えてあげてください。

『痛くない靴の選び方』
http://spsoosaka.com/post-289/
痛くならない靴選びが出来れば最高ですよね!困っている方がいればこの記事を教えてあげてください。

『CONVERSE(コンバース)の汚れ、消しゴムで消してみた!』
http://spsoosaka.com/post-2205/

『汚れたCONVERSE(コンバース)の手入れの仕方』

少しでもお役に立てましたでしょうか?

大好きなCONVERSE(コンバース)を履いていても、汚れたままのCONVERSE(コンバース)であれば可哀想に思えませんか?
大好きだからこそ大切に永く付き合ってあげたいですよね。
汚れていてもいい場合と駄目な場合とを、知識を持って使い分けをしながらご自身のファッションに取り入れてみられてはいかがですか?
これでファッションを語るうえで知っておくと会話が盛り上がったり、ショッピングに行かれても少しは知っていることで楽しめますよね。

1時間前まで知らなかったことも、今では自分の頭の引き出しの中に入っているはずです!
初めは「なるほど」でOKなんです!
その言葉の中にある清々しい気持ちが、より毎日のファッションスタイルを楽しくしてくれ、これからの挑戦の一歩に繋がることになるはずです!

他にも様々な記事をパーソナルスタイリストの観点で書いておりますので、是非そちらの方もチェックしてみてください。

おもしろい!勉強になる!と思っていただければ、「こんな記事があるよ!」と、周りの人にも教えてあげてください!

おしゃれの底上げがこれからも出来れば!沢山のおしゃれを意識する人たちが増えれば!と、心から信じて記事を書いております

お使いのSNSでシェアしていただければ、沢山の人がおしゃれに大事なことを知ることが出来ますので、ご協力よろしくお願いいたします。
弊社のパーソナルスタイリングに興味のある方は、

初めは『怖い』『怪しい』『緊張』などのイメージがあるかとは思いますが、【変わりたい】【変えたい】と言うその気持ちを大事にスタートの1歩とし、弊社のメッセージ欄に相談だけでも入れてみて下さい!

【新しい自分に出会うチャンスは、自分の勇気の1歩でしか始めることは出来ません!】

洋服は人生を変える

是非あなたの『勇気』をSPSO OSAKAのスタイリングで応援させて下さい!

あなたの1歩を心から楽しみにお待ちしております _D4S5484_1のコピー

PR