SPSO OSAKA - 大阪堀江のパーソナルスタイリング事務所
スカンツとスカーチョ、ガウチョパンツは何がどう違うの?

スカンツとスカーチョ、ガウチョパンツは何がどう違うの?

ファッション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年のビッグトレンドで2016年も引き続き流行している…と言えば皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

そう!それは…!

ガウチョパンツではないでしょうか?

そんなガウチョパンツから更に変化し進化したパンツが『スカンツ』と『スカーチョ』ではないでしょうか!
cached<出典:http://spotlight-media.jp/article/248280252298150456>

オシャレな人を見たら、「スカンツかスカーチョ履いてる」っていうくらいに2016年はマストアイテムになっていますね。

「ちょっと待って!よく分からない!何それ?」
「スカンツとスカーチョはどう違うの?」
「スカンツもスカーチョも持ってる!」
「よく知らないまま、スカンツとスカーチョって話してました(汗)」
「スカンツス、カーチョって、スカートですかパンツですか?どっちですか?」
「アラフォーですが、体形隠しになるって聞いたので気になってます!」

はい、色々質問の声が聞こえてきますが、大丈夫です!

日本で新しく生まれた造語によるファッション用語ですので、初耳の方も多いかと思います。

何がどう違うのか、その言葉の意味は?おススメコーディネイトなど順番にご紹介していきます。

スカンツとスカーチョはガウチョパンツと何がどう違うの?

ガウチョパンツとは…裾が広がった七分丈のワイドパンツ。南米の草原地域で牧畜に従事するガウチョ(カウボーイ)が着用していたパンツからきているとされています。
ウエスト回りが細く見えやすいワイドパンツの特徴をおさえつつ、七分丈であることによって一番細い足首の部分を見せることが出来る美脚効果のあるパンツです。
スカンツ…スカンツとはSkirt(スカート)+Pants(パンツ)を組み合わせて作られた造語です。
基本的にはくるぶし丈(マキシ丈)で歩くとかなりのワイドパンツ、立っているとスカートに見える、と言うことから「スカートに見えるパンツ」のことをスカンツと呼ばれています。(注意:デザインによってくるぶし丈でないものもあります)
丈が長いため脚長効果もあり、スカートよりも気にせず動くことが出来、ボリュームがあることから体形隠しにもなる!という、下半身に悩みを持たれている方にとっては最大の武器でもありますね。

ガウチョパンツとワイドパンツは、スカンツとはどう違うの?

ガウチョパンツとの明らかな違いは、丈の違い、そして「スカートに見える」ボリューム感!
そして、ガウチョよりもウエスト部分のタック分量が多いことも1つ挙げられます。

タックが多いことから「袴みたいだな」なんておっしゃる方もおられますが、スカンツは流れるような落ち感の生地を使用することが多いので、袴のハードなイメージとは少し見方に違いはあるんです。

ワイドパンツとの違いは、ワイドパンツはウエスト回りはすっきりしているものが多いため細く見えますが、スカンツはウエストにタックが入っているのでウエスト回りは少しゆったりしています。

また、ワイドパンツは裾幅はやや広めですがシルエットはストレート気味なのが、スカートに見えるラインのスカンツとは明らかな違いですね。

スカンツで有名なCMはご存知ですか?

プチプラの代表ファッションブランドGUのCMで、尾崎豊の曲を口ずさみながらスカンツをコーディネイトした女優さん3人がキックスクーターをしている、とっても爽やかなCMをご覧になられた方少なくはないと思います。
スカートだと遠慮してしまうこともスカートに見えるパンツ、「スカンツ」だから出来る!オシャレな上に軽くて動きやすい、ご機嫌なパンツですって伝わってくるようなCMですよね
hqdefault あのCMをご覧になられてから「スカンツ欲しい!」って思われた方、結構いらっしゃったのではないでしょうか?

スカンツのおススメ素材&カラー

スカンツはロング丈を生かした流れるようなシルエットが最大に大人っぽく見せてくれる「シフォン素材」やテロンチでも話題の「とろみ素材」を使ったものがおススメです。
ラグジュアリー感もありパーティなどのシチュエーションにも今では活躍します。

また、きれいなパステルカラーが2016年春から人気ですが、夏のトレンドカラーであるサンドベージュやカーキ、テラコッタなど自然界からインスピレーションを得たカラーも大人っぽくて素敵です。
秋冬にはペールカラーやアースカラーなどが、沢山お店には並んでいますね!

プリント生地のスカンツもとてもオシャレです。欧米では大柄のトロピカルプリントや幾何柄のスカンツがバカンス感と力の抜けた大人な雰囲気で人気のようですよ。

スカンツのおススメコーディネイト

ボリュームのあるスカンツにはスリムなシルエットのトップスやミニ丈を合わせると全体のバランスがすっきりまとまります。
トップスはパンツインされてベルトを見せる着こなしも脚長効果大です。この効果は身長の低い方でも視点を上に持っていく効果があり、「身長が低い、小さい」といった印象を与えないんですよ。
※その際に一番気を付けていただきたいことが、裾の丈感です!

また、スカンツはジャケットとの相性も抜群です。トップスをコンパクトにすることがスカンツを上手に着こなすポイントです。

そして、ロングパンツだから足元は見えないし…と手は抜かれずに、快適なスカンツで軽快に歩かれる靴もこだわってほしいですね!
ちらっと覗く足先、スニーカーで力の抜けたクールな感じも素敵。
また、つま先にデザインのあるものもオシャレ度高いですよ!
スカーチョ…スカーチョとはSkirt(スカート)+Gaucho(ガウチョ)が組み合わされて作られた造語です。
丈はひざ下丈のものが主流で、スカンツよりやや丈が短いのが違いです。
ガウチョの進化形のスカーチョはガウチョをよりスカートに近づけ、よりシルエットが女性らしくスカートに近い。
スカートがベースのパンツです。
一見するとフレアスカートやプリーツスカートに見えるのがスカーチョです。
一方、ガウチョパンツは裾の広がったワイドパンツですのでスカーチョとは異なります。
また、足首が見える丈のスカーチョですから、靴やソックスなど足元にもポイントを置いたコーディネイトが楽しめます。

キュロットとスカーチョはどう違うの?

キュロットは、スカートとパンツが一つになったようなデザインのことを呼びます。
キュロットは一般的に華奢なイメージはなく、大きめのパンツスカートという感じでした。

スカートにはない機能的さが重宝されましたが、ファッショントレンドとはなりませんでした。
キュロットは一見した時にスカートには見えない、大きめのパンツスカートという点がスカーチョと全く異なるところですね。

ワイドなシルエットであっても女性らしく、特に腰回りがすっきりした着こなしが出来るものとして2016年に発売されたのがスカーチョです。

スカーチョのおススメ素材&カラー

スカーチョはより女性らしいシルエットでプリーツやドレープのようなタックが入ったタイプが人気です。そんなワンテクニックが生かされるのが、しなやかなポリエステルやサテンです。光沢のあるサテンはラグジュアリー感が出て大人モード満載です。夜のお食事デートでもいつもと違った雰囲気が出せます!

また、おススメしたいのがレース生地のスカーチョです。その名もレーススカーチョ、すごい人気なんですよ!
レースのフレアスカートとは違うおしゃれ感が出て、「今まで持っていなかったパンツ」になります。
そして、この夏のトレンドでもあるデニム。デニムのスカーチョは力の抜けたゆるさが逆に可愛いくお手入れも簡単なことから重宝しそうではあります。

カラーは、春夏のトレンドカラーであった白は清楚で綺麗な大人スタイルには外せません。
他にはブルーやグリーンなどのような少し濃い目の色もよく見ましたね!
黒は万能でヘビロテ確実ですが、2本目のスカーチョを購入の方はチャレンジカラーを試されるのもおススメです。

スカーチョのおススメコーディネイト

トレンドのオフショルのニットやビッグシルエットのシャツとスカーチョを合わせるのは素敵ですね。
健康的なセクシーさが出て、女性らしさが上がる着こなしです!
肌見せはちょっと…とおっしゃる方はTシャツやフレアースリーブのトップスと合わせてミニマムな大人のコーディネイトも素敵です。

スカーチョは足首が見える特徴がありますので靴にソックスの合わせ方などにも力を入れ、色んなバリエーションを楽しんでみても楽しさが増えますよ!

そして、白スカーチョには反対色の黒のトップスを合わせることで、シャープなモード感があるスタイリングにもなります。
そういったモノクロコーディネートはヨーロッパでも人気だそうです。
また、白スカーチョに白トップスも爽やかでとても新鮮な、今年っぽいコーディネイトです。
ベージュやグレーのトップスを合わせるのも優しい印象になりGoodです。

先に述べましたレーススカーチョの他に、部分的にシースルー生地になっているシースルースカーチョもお店に並んでいたりしています。

最後に
身長の低い方、小柄な方はワイドパンツやボリュームのあるボトムスに対して苦手意識をお持ちの方、少なくないのではないでしょうか?
一般的に、太いパンツやロング丈のものは「身長が低いと似合わない。太って見える…」と敬遠されがちですよね。
でも背の低い方でも着こなしのポイントがあるんです。
ポイントを押さえれば、今日からスカンツに、スカーチョに挑戦できます!

ポイント
・目線を上に誘導することで、身長の低さを感じさせない効果があります。
帽子をかぶったり、トップスの色を強めな色を合わせるなど…
・丈の短いショート丈のトップスで脚長に見せることで、視覚的なバランスでボトムスを長く見せるとすらっとした印象を与えることが出来ます。

ポイントを押さえれば苦手意識もなくなり、更にオシャレの幅も広がると思います。
是非挑戦してくださいね!

さて、『スカンツとスカーチョ、ガウチョパンツは何がどう違うの?』と言う謎は解明されましたか?

ガウチョ、スカンツやスカーチョは履けない!似合わない…と思われている方は多いようで、よく話しを聞いていました。

トレンドだから着ないといけない!わけではないけれども、1度も着ることなく「自分には似合わない」とは思って欲しくない!と言う思いがあり、少しでも違いがわかり、ポイントがわかることで「挑戦してみよう!」と思ってくれる人が増えれば嬉しいな!と思い、この記事を書いてみました。

もし少しでも悩んでいる方がれば力になれれば嬉しいですね!
是非周りで「似合わない、着れない」と言っている人がいれば、この記事を紹介してあげてくださいね。

沢山の人がおしゃれに興味を持ち、おしゃれの底上げが出来れば嬉しいので、皆さんのSNSのシェア、リツイートなどご協力宜しくお願い致します。

PR