SPSO OSAKA - 大阪堀江のパーソナルスタイリング事務所
ファッションのおしゃれの考え方

ファッションのおしゃれの考え方

ファッション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「おしゃれですね」

「アパレルの方ですか」

「どこかのお店の方かと思いました」

お客様や周りの人たちから「言われたら嬉しい。」と良く聞く言葉

おしゃれって何?

『 おしゃれ 』と一言で言えば簡単

ですが、おしゃれという言葉を皆は本当に理解し、そして正しく使っているのか?

http://gogen-allguide.com/o/osyare.html
お洒落(おしゃれ) – 語源由来辞典

https://ja.wikipedia.org/wiki/洒落
洒落 – Wikipedia

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/31148/m0u/
おしゃれ【御洒落】の意味 – 国語辞書 – goo辞書

色々なページを見たところで様々な説がある様に、これ!と言ったはっきりとした答えはない。

なのに皆は「おしゃれですね」と、一言言われると嬉しくなる。

悪いことではない。

でも、なぜ嬉しいのか?

– 万人におしゃれと思われるスタイルは存在しない –

1つのスタイリングに対して、100人居れば100人が絶対に「おしゃれ」と答えるか?となると、それは難しい。

100人居れば100人の個性があるため、沢山の好みになり皆の意見がまとまることは0%に近いと思っても良いと思う。


では、どうすればおしゃれに見られるのだろうか…


沢山の人の洋服を見てきて、自分なりに出した考えを書いてみる。

僕の答えが100%正解な訳ではない。が、書くことで少しでも読んでくれてる人たちの参考になり

「おしゃれに気がついてくれる人たちが増えたり」

「それならおしゃれに挑戦することが出来るのでは」

と思ってくれる人が増えれば嬉しい。

僕の考える『おしゃれの定義』とは、

万人におしゃれと思われるスタイルは存在しないと書いたが、

『 おしゃれと思わせる技法はある 』

それを実行しているのが僕たちのような洋服に生きる人たちだと思う。

言い出したら数多くの技はある。

細かく言いだせばとてもじゃないが書ききれる数ではない…

だからといってここに沢山書き過ぎたとしても、おしゃれに興味のない人、おしゃれに億劫になっている人たちからすれば、

「おしゃれ」と言う言葉自体が重荷となってしまうであろうから、今回は数をしぼって代表的なところを書いてみます。

1.スタイリングの中に『気を使っている』と感じること

「どこに?」と思われた方も沢山いるかと思います。
気を使うところなんて山ほどあるんです。
(例)
・サイズ
・色合わせ
・小物使い
・メイク
・ヘアスタイル
・場所
・一緒に居る人

IMG_7675

では、「どうやって」と思われる方も沢山いらっしゃるかと思います。

パーソナルスタイリストの観点で、今後1つづつ説明をしながら記事を書いていきたいとます。

2.自分の性格が把握出来ている

※これは、見た時に感じるおしゃれではなく。その人と会って話をしてこそ、おしゃれな人だな。と感じることです。

この部分はとても難しく、出来ている人は本当に少ないと感じます。
・流行の服を着れば良い
・ショップの店員さんに言われた通りに着れば良い
・ショップのマネキンをそのまま着れば良い
・雑誌の中のおしゃれな人たちと同じスタイリングのまま着れば良い
・おしゃれな友達と同じような服を着れば良い
など…果たしてそれが本当になりたいおしゃれなのか?

office3

僕たちパーソナルスタイリストが<なぜ>沢山あるサービスの中から、1番初めにカウンセリングをさせていただくのか?

《その答えがここにあるのです。》

雑誌が悪い訳でもなければショップの店員さんが悪い訳でもない。
ただ、『その人にしかない出すことの出来ないおしゃれを引き出す』ということがどういうことなのか。
この部分がとても大事なポイントになってくるのだと考えています。

3.行動がスマート

※これも、見た目から感じるおしゃれではなく。その人のする行動からおしゃれなひとだな。と感じることです。

・さらっ!と財布からペンと名刺サイズの自分デザインのオリジナルの紙を出し、そこにメモを書き渡す。
(これはだいぶと上級者なおしゃれの方ですが、最近僕が実際に体験したことなんです、、笑)
・わざとらしくない女性に対してのエスコート
など…
ここは自然に出来る様になってからの『おしゃれ』の為、本当に難しい上級の『お洒落』になってくるのだと思います。

IMG_2277

上記のことをふまえ僕の考えでは、まず ”おしゃれの最初の段階” では、

1.スタイリングの中に『気を使っている』と感じさせること

ここを抑えることで、『おしゃれ』と人から感じてもらえる要素は増えると思います。

その為には、1の要素をふまえつつ『 おしゃれスナップの雑誌 』や今では『 おしゃれなファッションサイト 』『 映画 』や『 漫画 』『 テレビ番組 』からでもインスパイアすることは出来ると思います。

色々経験し、そこから

2.自分の性格がしっかりと把握出来ている

に繋がり、

3.行動がスマート

と、順序を経ていくことで『おしゃれ』となり『お洒落』になるのだと思っております。

おしゃれは階段を上る作業と同じです

初めは上の段に上ることがとても大変だったと思います

それを1つ、また1つと上がることで経験し少しづつ上が見えてきます

おしゃれもそれと同じで、1つ1つ覚えていくことで1に書いたことがわかり、2に進み、3が理解出来てくるのだと思います。

階段と1つ違うところは

おしゃれにはゴールがない

ことぐらいではないですかね?笑

『ファッションのおしゃれの考え方』

少しでもお役に立てましたでしょうか?

ファッションのおしゃれの考え方って色々あり難しいとは思います。
ですがおしゃれを楽しめるようになると、今まで自分がいた世界が本当に真逆に感じるくらい違うところに行ってしまった感覚になります。
この記事を読んでくださり、これからおしゃれを挑戦してみようかな?と思っていただけたのなら恐がらずに飛び込んで下さい!
わからないことがあれば聞いて下さい!他の記事を読んで下さい!
ファッションを語るうえで知っておくと会話が盛り上がったり、ショッピングに行かれても少しは知っていることで楽しめることが増えますよ。

1時間前まで知らなかったことも、今では自分の頭の引き出しの中に入っているはずです!
初めは「なるほど」でOKなんです!
その言葉の中にある清々しい気持ちが、より毎日のファッションスタイルを楽しくしてくれ、これからの挑戦の一歩に繋がることになるはずです!

他にも様々な記事をパーソナルスタイリストの観点で書いておりますので、是非そちらの方もチェックしてみてください。

おもしろい!勉強になる!と思っていただければ、「こんな記事があるよ!」と、周りの人にも教えてあげてください!

おしゃれの底上げがこれからも出来れば!沢山のおしゃれを意識する人たちが増えれば!と、心から信じて記事を書いております

お使いのSNSでシェアしていただければ、沢山の人がおしゃれに大事なことを知ることが出来ますので、ご協力よろしくお願いいたします。
弊社のパーソナルスタイリングに興味のある方は、

初めは『怖い』『怪しい』『緊張』などのイメージがあるかとは思いますが、【変わりたい】【変えたい】と言うその気持ちを大事にスタートの1歩とし、弊社のメッセージ欄に相談だけでも入れてみて下さい!

【新しい自分に出会うチャンスは、自分の勇気の1歩でしか始めることは出来ません!】

洋服は人生を変える

是非あなたの『勇気』をSPSO OSAKAのスタイリングで応援させて下さい!

あなたの1歩を心から楽しみにお待ちしております _D4S5484_1のコピー

PR