SPSO OSAKA - 大阪堀江のパーソナルスタイリング事務所
知らなければ損してる!知って得する洋服の◯◯な落とし穴 『マフラーやストールのタグ』編

知らなければ損してる!知って得する洋服の◯◯な落とし穴 『マフラーやストールのタグ』編

ファッションの疑問
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パーソナルスタイリストとして、洋服の間違った知識を持っている人たちが多い日本の人たちに

今すぐにでもなくしてもらいたい、知ってほしい知識を記事にし伝えます!

マフラーでもストールでもたまに気が付いていないのか、この間違いのまま着けられている人をたまに見ます。

◯◯の洋服の着方をして損をしている

ア・ナ・タ

この記事を読んで、今すぐその恥ずかしい間違いなくしませんか?

今すぐ周りを見て友達がもし◯◯をしていれば、すぐにこの記事を送りつけてあげて!

知らなければ損してる!知って得する洋服の◯◯な落とし穴 『マフラーやストールのタグ』編

今回取り上げるトピックは、

【マフラーやストールについているタグは外すべき…?】 240_F_186861705_ZHkWz4s10dkOLOhvMJDUcdGZVHUFhyz7
  • □「外しては駄目なもの!」と思っている人
  • □「これはブランドの価値!」と思っている人
  • □「これ初めからあるけど何だろう?」と思っている人
  • □「何でもいいや!」と思っている人

ちょいちょいちょい!
このタグは切らないと駄目ですよ!

タグって何?

タグとは…

1.ふだ。荷札。 240_F_58853776_iOyD9kf3FWOpyZcAMtwxjetmrJcReY2C 2.商品の値段・製造会社名などをしるした札。 240_F_68659991_TEGu9hkNjjDirGJeExOYOlVFVJW1tQZD 3.商品の材質・洗濯表示などが生地に縫い付けられている 240_F_39014919_OJdmiJhXF2oevDPOqNSPze6X2Nb8BKfQ
衣料用品や雑貨などで欠かすことのできない、価格や仕様を表示する商品タグ。
商品がどういった素材で作られ、どうケアすれば良いのか、どこの会社が作っているのか。
判断をする為に、商品の詳細を細かく説明するために付けられているモノのことを言う。
※今回のトピックに取り上げた
『マフラーやストールについているタグは取り外すべきなのか!』
の記事は、パーソナルスタイリストである僕個人の意見として読んでいただけると幸いです。

タグが付いたままのマフラ、ストール

この時期であれば、マフラーやストールをクビに巻かれている人

よく見かけませんか?

街に出ると必ずと言っていいくらい、タグがマフラーやストールについたままおしゃれを楽しんでいる人を1日に1人は見かけます。

マフラーやストールに縫い付けてあるタグを切り取っていない人、実際に本当多いんです…

新しくマフラーやストールの様な巻物を買った人は、まず一番始めにタグはチェックしてください。

「そんなことなら初めから洋服屋さんで切ってくれればいい!」
「初めからつけなければいい!」

そう思った人、沢山おられたのではないでしょうか。

タグは商品の詳細やケア方法などが書かれているために、本人の把握が必要となるために購入後に切ることが普通です。

タグを切らなければ

IMG_4486 洋服のタグが外に出ているのと同じこと!

たまにTシャツやパンツから、タグがペロンと出てる人見かけませんか?
人が出ているのを見ると「恥ずかしいだろうな。」「自分は出ていないかな。」
など思ったことはありませんか!

マフラーやストールのタグも同じなんです。
マフラーやストールのタグは『特別』なんてことはありません!

だからこそ、わかっている人からすると
⚠️ 「格好悪いな」と思われる
⚠️ 「この人適当だな」と思われる
⚠️ 「知識がない人」と思われる
と、感じられ損をすることもあるかもしれません…

しつけ糸と同じで取り外すことは強制ではないのですが、せっかくおしゃれをする為にわざわざ巻かれているマフラーやストールですので!
1つの気遣いで損を無くせるのであれば、自分の為にもひと手間かけてあげ、極力外してくださる方が美しいかと僕は思っています。

知らなければ損してる!知って得する洋服の◯◯な落とし穴 『しつけ糸』編
http://spsoosaka.com/post-1637/
知らなければ損してる!知って得する洋服の◯◯な落とし穴 『ポケットのしつけ糸』編
http://spsoosaka.com/post-1652/
知らなければ損してる!知って得する洋服の◯◯な落とし穴 『袖のタグ』編
http://spsoosaka.com/post-1656/

知らなければ損してる!知って得する洋服の◯◯な落とし穴 シリーズの他の記事も一緒に読んでみて下さい。
タグは何の為にあるのか?

どんな洋服のアイテムにも言えることなのですが、タグがないことで困る人たちがいます。
洗濯表示のタグがないことで、間違った洗濯方法をして縮んでしまったり!クリーニングに出すことも出来なかったり!
注意!2016年12月01日より洗濯表示のタグが変更されます! 素材表示のタグがないことで、生地アレルギーで皮膚にダメージを与えてしまったり!

無いのはないで何かと大変なんです。

要するに、アイテムの為に!自分を守る為に!付けられているわけですね。

必要なことは伝えることが大事

僕たちパーソナルスタイリストは、「切る必要のあるもの」「切る必要のないもの」は全て購入の際にお客さまに事前に伝えます!
ですが、これは経験上の話しとなりますが、大体の販売員さんがご案内をしてはくれないのが現状です。

だからこうして、街中で沢山の人が知らずに当たり前のような思いをしている現状があるのです!

ブランドの高いマフラーを購入したから、そのブランド名が入っているタグはそのままつけておく! Unknown と、思われてつけっぱなしの人が多いのではないでしょうか。

しっかりと理由も説明をし、親切丁寧な対応が出来る店員さんであれば「購入後こちらは切ってください」とご案内してくれれば、マフラーやストールにタグをつけたままの人は街中から少なくなると思います。

「そんなこと知ってる」と思われるかな!と不安で言わないのか!伝えるのが面倒臭いのでしょうが、初めから知らない人も意外に多いのですから、これからはこう言ったことはご案内をするべきだと僕は思います。

自分の働いているブランドを格好良く着てもらいたければ尚更ではないでしょうか!

今これを読んで、

「えっ!マフラーやストールのタグは切り取るものなのか!」
「そう言えば自分のマフラーやストールにもついていたような…」

と、思った人は今のうちにそっと静かに切り取っておいてください。

今からでも遅くはありません。

他の人からこの記事が送りつけられる前に!

マフラーやストールのタグの切り方

マフラーやストールに付いているタグ

これは上記に書きましたが、切り取るかの判断はその人の判断によります!
が、1つの気遣いで損を無くせるのであれば、自分の為にもひと手間かけてあげ、極力外してくださる方が良いかと僕は思っています。

「でも、生地も一緒に切ってしまいそうで取るのが怖い…」

そう思ってしまう人は沢山いそうですね!

マフラーやストールに付いているタグの縫い付けられ方は数パターンあります。

1. 4角を縫われている images 2. 両サイドをしっかりと縫われている RMHoC3NJQomV._UX300_TTW_.png 3. 端だけ縫われている 059-201610173173_7 この3パターンであっても、切り取るのに 240_F_157803184_XDVeBqQ5ZpEEAP1QIK0sdOqvvaeZphLC リッパーを使えば、意外にそう難しくなく切り取ることが出来ます。

注)2と3の縫われ方のパターンだけは、生地にダメージを与えないように丁寧に糸を切ってあげてください。
返し縫いをしてる端だけ、丁寧にタグと生地を引っ張りながら間の糸を切れば問題なく外すことが出来ますので!

『知らなければ損してる!知って得する洋服の◯◯な落とし穴 『マフラーやストールのタグ』編』

少しでもお役に立てましたでしょうか?

知らなければ自然と損してしまっている!
そんなことだけで…って思っているかも知れませんが、本当にこれはよく街中で見る光景です。
せっかく着る洋服だからこそ、知識を持って意識をしながらご自身のファッションを見直してみられてはいかがですか?
これでファッションを語るうえで知っておくと会話が盛り上がったり、ショッピングに行かれても少しは知っていることで楽しめますよね。

1時間前まで知らなかったことも、今では自分の頭の引き出しの中に入っているはずです!
初めは「なるほど」でOKなんです!
その言葉の中にある清々しい気持ちが、より毎日のファッションスタイルを楽しくしてくれ、これからの挑戦の一歩に繋がることになるはずです!

他にも様々な記事をパーソナルスタイリストの観点で書いておりますので、是非そちらの方もチェックしてみてください。

おもしろい!勉強になる!と思っていただければ、「こんな記事があるよ!」と、周りの人にも教えてあげてください!

おしゃれの底上げがこれからも出来れば!沢山のおしゃれを意識する人たちが増えれば!と、心から信じて記事を書いております

お使いのSNSでシェアしていただければ、沢山の人がおしゃれに大事なことを知ることが出来ますので、ご協力よろしくお願いいたします。
弊社のパーソナルスタイリングに興味のある方は、

初めは『怖い』『怪しい』『緊張』などのイメージがあるかとは思いますが、【変わりたい】【変えたい】と言うその気持ちを大事にスタートの1歩とし、弊社のメッセージ欄に相談だけでも入れてみて下さい!

【新しい自分に出会うチャンスは、自分の勇気の1歩でしか始めることは出来ません!】

洋服は人生を変える

是非あなたの『勇気』をSPSO OSAKAのスタイリングで応援させて下さい!

あなたの1歩を心から楽しみにお待ちしております _D4S5484_1のコピー

PR