SPSO OSAKA - 大阪堀江のパーソナルスタイリング事務所
サイズが大きい帽子を自分のサイズで選ぶ方法《キャップ編》

サイズが大きい帽子を自分のサイズで選ぶ方法《キャップ編》

帽子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これからの時期

少しづつ暖かくなってくると、太陽の日差しも強くなってきて必要になってくるアイテム

キャップ
キャップ 帽子の中でも簡単にかぶり易く、様々なスタイルにも合わせ易い

だからこそ間違ったサイズでキャップをかぶっている人を街中で多く見かけます!

今回は、そんな間違ったキャップのかぶり方をしている人に知っていただくため

サイズが大きい帽子を自分のサイズで選ぶ方法
《キャップ編》

まず、キャップって何?

と言う人もいると思うので、キャップの種類について書きます。
【キャップとは】

縁のない、前面だけにつばのある帽子。

野球というスポーツの黎明期にあたる1850年代、野球はあくまで労働者たちが仕事あがりに仲間と楽しむ遊びの一つだった。彼らは頭部を保護する目的で被っていた仕事用の帽子を、そのまま野球をするときにも被った。そのため地域ごと、チームごとにさまざまなスタイルの帽子が存在することとなった。ジョッキー帽、ストローハット、ボーター(カンカン帽の一種)、ニュースボーイ(キャスケットの一種)、エンジニアキャップなどがそうである。
Begin より抜粋

キャップの様々な種類

【ベースボールキャップ】 BBcap 前側にだけツバのついた帽子。日本だけでなく世界中で人気の高い帽子。
ベースボールキャップは“ブルックリンスタイル”と呼ばれ、1858年にアメリカのブルックリン・エクセルシオールズが初めて被った帽子を原型としている。
頭頂部に丸いボタンが付いており、つばのついた帽子がベースボールキャップの始まりで、元々は野球プレイヤーがプレイをする際に太陽光から目を保護するために作られた機能的な帽子。当時は今よりもツバが短いデザインとなっていた。
今ではファッションアイテムとして人気の高いベースボールキャップですが、日本でも初めは野球人気の高まりとともに普及した帽子です。

【スナップバックキャップ】 スナップバック キャップ後方にアジャスター機能がついたベースボールキャップ。
キャップの後ろがスナップで留める形状となっており、サイズ調節が簡易に出来る仕様となっているアジャスタブルなキャップです。
通常のベースボールキャップにはアジャスター機能がついていないため、自分のジャストサイズのキャップを見つけなくてはなりません。
スナップバックキャップであれば、スナップの位置でサイズを細かく調節することが出来るため、サイズをそこまで気にすることなく好きなデザインのキャップをチョイスすることが出来る。

【ローキャップ】 ローキャップ ローキャップとは、ロー=Lowの言葉どおりトップの高さが低い浅めのキャップ。
通常のベースボールキャップとの違いは、かぶる感覚が深いか浅いの違いはありますが、特に決められた明確な規定はありません。
つばはカーブしているのがほとんどで、大抵のローキャップにはサイズ調整の出来るアジャスターが後ろについています。

【メッシュキャップ】 メッシュ 帽子のフロントパネル以外の部分がメッシュ素材でつくられた、通気性を重視したキャップ。
通気性をよくする生地で作られているため、機能的に蒸れにくく、高温多湿な日本の夏には向いているアイテムです。
スポーティーな要素が強く、運動をする際にも良く使われている。
大抵のメッシュキャップはアジャスターがついており、サイズを自分に合わせて調整することが出来る。

【ワークキャップ】 ワークキャップ アメリカで1900年代に生まれ、鉄道作業員が好んで使った帽子がしだいに作業員や技術者の間で使われだした『働く人の帽子』という意味からエンジニアキャップ、以降ワークキャップと呼ばれた。
ワークキャップの特徴として、前つばがあり、トップがフラット(平ら)で比較的浅めに作られたキャップです。
シンプルなコットンキャップにカーブのついた前つばが特徴の帽子で、レイルロードキャップとも呼ばれます。

【ジェットキャップ】 ジェット フロント、左右、トップに2枚のパネルの計5枚のパネル生地で作られているつば付きのキャップ。
フロントが大きな1枚で構成されるジェットキャップは、全体的に箱のようなシルエットになる。
左右には小さな通気孔があるものが多く、アウトドアやスポーツなどのアクティブなシーンで活躍するアイテムです。
ジェットキャップのつばはフラットなシルエットですので、サイクリングキャップよりも平らな印象が特徴。

キャップの間違ったサイズって何?

キャップに間違ったサイズがあるのか!

そう思われた人もおられるのではないでしょうか?

キャップにもサイズはしっかりあります!

こんな人周りにいませんか?
《スナップバックでの例》 IMG_1081 キャップ後方を締めすぎて浮いてしまってい、前から見ると明らかにアジャスターの上部分が頭から浮いてしまっています。 IMG_1082
もしこうなっていれば、キャップのサイズが頭にあっていないと思ってください。

スナップバックキャップは元々の作りにサイズがあり、ワンサイズのみではございません。
(色々と被り、試す必要はありますが!)
無理に大きいサイズを写真のように締めすぎて、被られない方が良いかと思います。

他の種類のキャップに関して言えることは、
  • □ 風ですぐに飛んでしまう
  • □ 耳が帽子の中に入り込んでしまう
  • □ 勝手に帽子がくるくる回ってしまう
  • □ かぶっていると痛くなる

どの帽子にも言えることなのですが、自分の頭のサイズに合わせて被る帽子の方が気持ちがよく、見ていても美しく見られます。

自分の頭のサイズの正しい測り方

240_F_87559523_nHZ4W14Cl7WdjWYimafVNpeHHVXSFq8s
頭のサイズの測り方

後頭部の一番出っ張っている高い位置から耳の1cm上を通し、額の中心でメジャーをあわせジャストサイズを測ってください。
サイズの目安個人差はありますが、ジャストサイズ+1cmくらい(約指1本分)が、被り心地が良いサイズとされています。
※帽子の種類や被り方によってサイズが変わる場合があります。
メジャーで直接頭のサイズを測るのが難しい方は、ひもやリボンなどをかぶりたい位置でまきつけ、一周したところに印をつけます。
頭に巻く際に力を入れすぎたり、力を抜きすぎると正確なサイズが測れませんので、ご注意ください。
巻き終わったひも(リボン)を平らなところで伸ばし、メジャーで測り、下記の表に該当するものがあなたのサイズの目安となります。
(以下はあくまでも目安となっております。お店によっても作られるブランドによっても規格が変わってまいります。)

【帽子のサイズ表】
Sサイズ/55.5cm(サイズの目安約54.0~55.5cm)
Mサイズ/57cm(サイズの目安約55.5~57cm)
Lサイズ/58.5cm(サイズの目安約57~58.5cm)
LLサイズ/60cm(サイズの目安約58.5~60cm)
フリーサイズ/約55.5~60.0cm
自分の頭のサイズが把握出来れば、サイズを店員さんに伝えることで自分にあったサイズの帽子を探し出すことが出来ます。

それでも店頭に気に入った帽子でサイズがない場合もあると思います。

その際には、

サイズが大きい帽子を簡単に自分のサイズにする方法 《 ハット編 》
https://spsoosaka.com/post-706/


この記事でも紹介しております。 こちらを、帽子のスベリ部分に入れていただければサイズ調整が可能です。

これからの暖かくなる季節に、使う人が増えてくるキャップ!

せっかくお気に入りのキャップを見つけ、被られるのであれば、自分にあったサイズ感で是非かぶっていただきたいです。

サイズが大きい帽子を自分のサイズで選ぶ方法
《キャップ編》

如何でしたでしょうか、少しでもお役に立てましたでしょうか?

大きい帽子をそのままかぶっているそこのあなた!
帽子はジャストのサイズでかぶりましょう。
今少しでもストレスになってかぶってない帽子があれば、すぐにでも試してかぶってあげてはいかがですか?
これでファッションを語るうえで知っておくと会話が盛り上がったり、ショッピングに行かれても少しは知っていることで楽しめますよね。

1時間前まで知らなかったことも、今では自分の頭の引き出しの中に入っているはずです!
初めは「なるほど」でOKなんです!
その言葉の中にある清々しい気持ちが、より毎日のファッションスタイルを楽しくしてくれ、これからの挑戦の一歩に繋がることになるはずです!

他にも様々な記事をパーソナルスタイリストの観点で書いておりますので、是非そちらの方もチェックしてみてください。

おもしろい!勉強になる!と思っていただければ、「こんな記事があるよ!」と、周りの人にも教えてあげてください!

おしゃれの底上げがこれからも出来れば!沢山のおしゃれを意識する人たちが増えれば!と、心から信じて記事を書いております

お使いのSNSでシェアしていただければ、沢山の人がおしゃれに大事なことを知ることが出来ますので、ご協力よろしくお願いいたします。
弊社のパーソナルスタイリングに興味のある方は、

初めは『怖い』『怪しい』『緊張』などのイメージがあるかとは思いますが、【変わりたい】【変えたい】と言うその気持ちを大事にスタートの1歩とし、弊社のメッセージ欄に相談だけでも入れてみて下さい!

【新しい自分に出会うチャンスは、自分の勇気の1歩でしか始めることは出来ません!】

洋服は人生を変える

是非あなたの『勇気』をSPSO OSAKAのスタイリングで応援させて下さい!

あなたの1歩を心から楽しみにお待ちしております _D4S5484_1のコピー

PR