SPSO OSAKA - 大阪堀江のパーソナルスタイリング事務所
パーソナルスタイリングを受けてくださった、顧客様からのフィードバック

パーソナルスタイリングを受けてくださった、顧客様からのフィードバック

パーソナルスタイリスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
どんな仕事をするのにも、自分の中で1番必要だと思っていること

顧客様からのフィードバック

<サービスをさせていただく。>と言うことは

「自分の技術や知識に対して対価をいただく」

と言うこと。

もし技術や知識が追いついていないのであれば、恥ずかしくても格好悪くても、自分のさせていただいたことに関してのフィードバックは聞くべきだと思う。

勘違いをしている人はここを大事にしていない気がする。
「自分の技術や知識をあたえている」
「出来ないことをしてもらっているのだからお金を払うことは当たり前だ」

『自分がしてあげている』と思っている

こんなことを考えることが出来るのは、その世界での重鎮か相手の望むことが全てわかり叶えてあげられるドラえもんのような存在だけで十分。

全ての人から100%満足をしてもらうことは相当難しい、だがそこに近づけていくことは可能だと思う

そうなる為にはもの凄く根気のいることであり、自分の中で心が折れることも多々出てくることだと思う。

そうであったとしても、自分のサービスの向上を目指さなければサービスを受けてくださる顧客様の満足も上げていくことは出来ない

自分の辛さより、満足してもらえていない顧客様が無駄な対価を払うことの方がどれだけ辛いかを知らなくてはならない。

SPSO OSAKAでは顧客様に常にサービスの後にはフィードバックを頂戴しております。
どれだけ厳しいフィードバックであっても真摯に受け止め、次に成長させていただけるチャンスをいただけたことに感謝をし日々進んでおります。


今回は、フィードバックをいただきました顧客様に許可を取らせていただき、フィードバックのご紹介をさせていただけることとなりました。
DSC_3043 読んでくださっている沢山の人に、少しでもパーソナルスタイリストの行なっているパーソナルスタイリングサービスの生の声を知ってもらえる機会となれば幸いです。

ご協力頂きましたF様、感謝致します。
ありがとうございます。

以下がいただきましたフィードバックとなります。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

◇ 本日のワードローブチェックはいかがでしたでしょうか?
(サービスのスムーズ具合、内容がためになったか、、など)

・こちらから2時間でお願いしますと予めお願いしておいたので、時間通りスムーズに効率よく進めていただきました。
・このような機会(ワードローブチェック)がなければ、手持ちの洋服を全部並べて客観的に見ることなどなかったと思います。何年間も着ることなくタンスの中で眠っていて、「お役御免」の服ともサヨナラする勇気が持てました。
・処分する理由がはっきりわかりました。一人では「来年着るかもしれない。」「また流行するかもしれない。」などなど、色々理由づけして、処分しきれなかったと思います。



◇ 「もっとこうすれば良いのに」など、何かございましたらお教えください

・特にありません。(緊張していて、考える余裕などありませんでした。)
今後何度かお願いするうちに思いつくことがあるかも知れません。



◇ スタイリストの装い、身だしなみ、マナーなどはいかがでしたでしょうか?

・約束のお時間通りに来ていただきました。
・シンプルですがとても好感の持てる、清潔感のある身だしなみでした。
(スタイリストというお仕事の方とこれまでお会いすることがなかったので、一般人とはかけ離れた服装をされているのかと思っていました。)
・車中、スタイリング中の会話にもこちらを飽きさせない”ト-ク術”のようなものを感じました。
 初歩的な質問にも丁寧にお応えいただけました。
・後日送っていただいた領収書に一言添えていただき、お心遣いを感じました。



◇ 最後に、どんなことでも結構です。一言いただけますでしょうか?

・今回は初めての経験をさせていただきました。最初は、カウンセリングの後すぐにでも、お買い物に同行していただくことでいいのではないかと、考えていました。
しかし、チェックをしていたことで、仕分けが出来ました。生き返った服もありました。
・数時間一緒に時間を過ごさせていただいたことで、森田さんのお仕事に対する情熱がひしひしと伝わって来ました。何事でもそうでしょうが、「会話をすることによってお互いがその人を知る」大事なことですね。
同じ店で物を買う、施術を受ける・・・品質の良さや、技術の高さはもちろんですが、それ以上にひととの繋がりを大事にするのでしょう。森田さんのお人柄でこれから先、きっと依頼者が増えると思います。
私たちもその一人です。

初心を忘れずご活躍ください。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

初心

この言葉を忘れることなく。

一人一人の顧客様に対して満足していただけるサービスを目指します。 IMG_0119 サービスが終わってからの1枚です。
こうして笑顔がいただける仕事を常に

P E A C E

PR