SPSO OSAKA - 大阪堀江のパーソナルスタイリング事務所
ほつれたネクタイの直し方

ほつれたネクタイの直し方

ネクタイ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『 ネクタイは、それを締めている人よりも一歩先に部屋に入ってくる 』
by サー・ハーディ・エイミス

と言う格言があるように、ネクタイはスーツを着るにあたりとても重要なものだ!という認識はありますか?

bg_service

これはスーツを着る人だけでなく、パートナーがスーツを着ている人にも一緒に覚えて意識改革をして頂きたいポイントであります。

この『ほつれたネクタイの直し方』を読んで、一緒に勉強をしていきましょう!

そこで、よく出てくる -ネクタイの問題点-

ネクタイに関してお客様によく聞かれるBest3

1. 結び方はどうすれば良いですか?

2. 色、柄の選び方はどうすればよいですか?

3. よく生地がほつれてくるのですが、どう処理をすれば良いですか?

この3つの問題点の中で、今回ご紹介させていただくトピックは

『ほつれたネクタイの直し方』

ネクタイの生地がほつれてきた場合の修理

ネクタイがどのような原因でほつれるのか?どこがほつれてくるのか?

まずはここで知っていきましょう。

まず、ネクタイを結んでいて生地がほつれ、毛羽だってくる箇所が2カ所あります

– ネクタイの先 剣先 –

IMG_0928

– よく結ぶ生地の擦れる部分 –

IMG_0929

この2カ所が、ほつれてくるほとんどの箇所だと思います。

ネクタイの生地がほつれるとは…

生地と生地が擦れることにより摩擦が起こり、生地から擦り切れた糸が出てくること。

毛羽立った生地のネクタイでは、いくら色も柄もスーツに合わせてしっかりと結んでいたとはいえ、見栄えは良くはなりません。

ほつれたネクタイはどうすれば良いのか?

考えることが出来る方法がいくつかあります。

・出てきた糸をハサミで切る
⇒ NGです。出てきた糸をハサミで切ったとしても、切られた糸は短くなっただけで、またすぐに同じ様に出てきます。

・アイロンで圧し付ける
⇒ 絶対にしてはいけません。ネクタイにアイロンをすること自体があまりよろしくはないことです。 生地にもよりますが、ネクタイのシワを伸ばす際でも、ネクタイを丸めて保管しておく方がシワは伸びます。

・とりあえず洗ってみる
⇒ とりあえずであれば止めておきましょう。基本的に汗染みや臭い、ひどい汚れが付かない限り、家でネクタイを洗うことはお勧めはしません。

ではどうすれば良いのか?

ヒートカットという作業を行ってください。

ヒートカットとは…普通はほつれの箇所を刃物を使って裁断をしますが、熱で繊維を溶かしながらカットする方法のことを言います。
※ヒートカットの出来る生地は、高熱で溶解する、化学繊維に限られます。主にナイロン系。
熱でとかしているので、裁断面からほつれないのがメリットです。
この作業を行うにあたり、必要なモノはライターがあれば大丈夫です。

IMG_0934

ほつれた部分を写真のようにライターの火で熱してください。
※注意して頂きたい点は、ネクタイとライターの距離をしっかりととっていただき、ネクタイ本体を焦がさないように気を付けていただくことです。
ほんの少しの熱でほつれた糸は焼け溶けてしまいますので、ほんの一瞬だけで大丈夫です。

綺麗なネクタイをしめて、自分の見え方にもしまりを

人は見た目を大事にすることで周りからの評価は絶対に変わります

「それだけでは評価が変わることなんてない!」と言う人もいるかと思います。

その通りだとも思います。
中身も外の見栄えに付いていかなくては、相手に逆にガッカリされてしまうことにもなりかねません。

ですがまず、相手に自分のことを気にしてもらう為には装いを変えなくては何も始まることなく、スタート地点に立つ前から相手にされることなく終わってしまいます。

まず相手に自分と言う存在に気付いてもらい、気にしてもらえるからこそ話しが出来、自分を知ってくれ、ガッカリされる!

その初めの段階を知らなければ、周りの人たちとの距離が縮まることはない。

たとへ嫌がられたとしても、ガッカリされようとも、そこから自分が変わっていけるきっかけになるかと思います。

今自分が変化を求めているのであれば、一度自分の装いを見直してみてはいかがですか?

もしわからないことや手助けが必要であれば、是非パーソナルスタイリストにお声がけ下さい。

あなたに似合う一着を選ばして下さい!

『ほつれたネクタイの直し方』

少しでもお役に立てましたでしょうか?

ビジネスマンには大切なネクタイ!
現代においてカジュアルなワンポイントアイテムとしても使われることが多くなった皆が一度は使ったことがあるであろうアイテム。
使う回数が多ければ多いほどほつれが出でくるネクタイを、この記事を読んでもらっていつも綺麗に清潔に使えるように出来ればいいですね!
ファッションを語るうえで知っておくと会話が盛り上がったり、ショッピングに行かれても少しは知っていることで楽しめますよね。

1時間前まで知らなかったことも、今では自分の頭の引き出しの中に入っているはずです!
初めは「なるほど」でOKなんです!
その言葉の中にある清々しい気持ちが、より毎日のファッションスタイルを楽しくしてくれ、これからの挑戦の一歩に繋がることになるはずです!

他にも様々な記事をパーソナルスタイリストの観点で書いておりますので、是非そちらの方もチェックしてみてください。

おもしろい!勉強になる!と思っていただければ、「こんな記事があるよ!」と、周りの人にも教えてあげてください!

おしゃれの底上げがこれからも出来れば!沢山のおしゃれを意識する人たちが増えれば!と、心から信じて記事を書いております

お使いのSNSでシェアしていただければ、沢山の人がおしゃれに大事なことを知ることが出来ますので、ご協力よろしくお願いいたします。
弊社のパーソナルスタイリングに興味のある方は、

初めは『怖い』『怪しい』『緊張』などのイメージがあるかとは思いますが、【変わりたい】【変えたい】と言うその気持ちを大事にスタートの1歩とし、弊社のメッセージ欄に相談だけでも入れてみて下さい!

【新しい自分に出会うチャンスは、自分の勇気の1歩でしか始めることは出来ません!】

洋服は人生を変える

是非あなたの『勇気』をSPSO OSAKAのスタイリングで応援させて下さい!

あなたの1歩を心から楽しみにお待ちしております _D4S5484_1のコピー
他のネクタイに関しての記事も書いております

・『ネクタイの由来と歴史』
http://spsoosaka.com/post-381/
・『傷まないネクタイの外し方 <プレーンノットの場合>』
http://spsoosaka.com/post-861/
・『ネクタイの生地の選び方』
http://spsoosaka.com/post-1835/

合わせて読んで頂けると、よりネクタイに関しての知識が増え、今まで以上に素敵なネクタイを締めることが出来ると思います。

是非楽しんでネクタイライフをお過ごしください!

PR